ホーム > 海外の電気事業との交流・協力 > 国際協力事業

国際協力事業

原子力安全に関する技術協力

Technical Cooperation in Nuclear Power

原子力安全の確保は世界的課題であり、我が国でも国際機関を通じた活動や二国間協定等において、世界的な原子力安全の確保・向上のための活動が積極的に進められています。
こうした国際的な協力を強化するため、委託・補助事業等により昭和60年度から下記の事業を実施してきました。

電源開発推進国に対する電力保安技術協力
《日本自転車振興会補助事業》
【昭和60年度~平成13年度】
原子力発電所運転管理等国際研修事業
(通称:千人研修)
《経済産業省委託事業》
【平成4年度~平成13年度】
原子力発電所安全管理等国際研修事業
《経済産業省委託事業》
【平成14年度~平成18年度】
原子力発電所安全管理等人材育成事業
《経済産業省委託事業》
【平成18年度~平成26年度】
原子力発電導入基盤整備事業
《経済産業省補助事業、原子力国際協力センター(JICC)より受託》
【平成26年度~】
海外の電力関係機関等からの要請による個別研修及び調査団等の受入れ
【昭和60年度~随時】




受入研修

リトアニア 現地セミナー

また、原子力発電技術に関する情報・意見交換を目的として、ロシア、ウクライナ、中国の原子力事業者との技術交流を行っています。
平成29年度においては、自主事業として中国から専門家を受け入れて技術交流を実施しました。
昭和60年度から平成29年度末までの間2,464名の研修生及び関係者を受入れ、また622名の専門家を派遣しました。また、技術協力打合せ等のため、平成29年度末現在、17か国へ延べ288名の関係者を派遣しました。

原子力技術協力 研修生受入者数
Number of Training participants in Japan for Nuclear Safety Program
原子力技術協力 研修生受入者数 Number of Training participants in Japan for Nuclear Safety Program
原子力技術協力 研修生受入国 /
地域別合計
(昭和60年度~平成29年度)
Number of Training Participants in
Japan by country / region
(FY1985 - FY2017)
専門家派遣国 / 地域別派遣者数
(昭和60年度~平成29年度)
Number of Dispatched Experts by
country / region
(FY1985 - FY2017)

< JICA技術協力へ

ページトップへ