平成29年7月
海外電力調査会

印刷用PDFはこちら

平成29年度JICA課題別研修「配電網整備 (A)」コースの実施について

弊会では、独立行政法人国際協力機構(JICA)からの委託を受け、開発途上国から 研修員を受入れ、関係機関の協力により電力分野における専門知識や技術の移転を行っ ています。
今回、沖縄電力株式会社さまのご協力により下記のとおり研修を実施いたしました。

技術研修期間 平成29年5月15日(月)~ 6月15日(木)
受入機関 一般社団法人 海外電力調査会
沖縄電力株式会社
研修員

アフガニスタン(1)、ジャマイカ(1)、リベリア(1)、 マーシャル諸島(1)、ナウル(1)、パラオ(1)、フィリピン(2)、
シエラレオネ(1)、トンガ(1)
                                                        計10名(9か国)

研修内容

・講義:

日本の電気事業の概要、送電設備(架空・地中)、電力保安通信設備、変電設備、系統保護、配電設備(架空・地中)、配電設備計画・保守、電圧管理、停電対策、配電自動化、再生可能エネルギー、TQM 等

・視察:

給電指令所、架空・地中送電設備、変電所、沖電工による工事デモ、地中配電設備、メガソーラー実証研究設備(宮古島)、可倒式風力発電設備(南大東島)、変圧器製造工場(沖電企業)、コンクリート柱製造工場(沖縄テクノクリー ト)、スマートグリッド実証試験場(富士電機)、配電ネッ トワーク実証研究場(東光高岳)、避雷器製造工場(音羽電機工業) 等